NumberEYESBACK NUMBER

今季J1も激動必至。赤い悪魔が鍵を握る。 

text by

島崎英純

島崎英純Hidezumi Shimazaki

PROFILE

photograph byAtsushi Kondo

posted2009/03/12 04:24

今季J1も激動必至。赤い悪魔が鍵を握る。<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

 鹿島アントラーズの連覇で幕を閉じた'08年シーズンのJリーグ。しかしクラブ間の実力差が拮抗する日本サッカーの現状を反映するように、'09年シーズンのJリーグも群雄割拠の様相を呈している。

 ACL制覇を果たしたガンバ大阪は今季もチョ・ジェジン、レアンドロらの実績ある外国籍FW、日本代表にも選出された若手DFの高木和道らの即戦力を獲得して万全の体制を整えた。

 またドラガン・ストイコビッチ率いる名古屋グランパスや、クラブ史上初タイトルを獲得したナビスコカップ王者の大分トリニータなども昨季携えた自信を基盤に初戴冠の気概に満ち溢れている。一方で、1年でJ1への返り咲きを果たしたサンフレッチェ広島、初のトップカテゴリー参戦となるモンテディオ山形の奮起にも、期待したいところだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 990文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[WBCプレビュー]日本野球の底力

Sports Graphic Number 724

[WBCプレビュー]
日本野球の底力

 

フォルカー・フィンケ
浦和レッズ

Jリーグの前後の記事

ページトップ