NumberEYESBACK NUMBER

パラリンピックの圧倒的ダイナミズム。 

text by

宮崎恵理

宮崎恵理Eri Miyazaki

PROFILE

posted2004/10/21 00:00

 アテネ五輪から1カ月後の9月、パラリンピックが開幕。日本はオリンピックに続き、史上最多の計52個ものメダル(金17、銀15、銅20)を獲得した。

 障害は誰にでも起こりうる。今日、交通事故で脊髄を損傷するかもしれないし、明日、難病が発症して視覚を失うかもしれない。生まれた時からという人もいれば、30歳を過ぎて障害を負う人もいる。だから、障害者アスリートは、じつに年齢層が幅広い。これがパラリンピックの最大の特徴と言えるだろう。

 例えば、競泳でアトランタ、シドニーと活躍を続けてきた34歳の成田真由美が、自身のもつ世界記録を次々と塗り替えて、金メダル7個(個人種目。メドレーリレーでは銅メダル)を手にした。また、陸上競技の5000m、400m、マラソンで金メダル(1500mでは銅メダル)を獲得した車いすの高田稔浩は39歳。さらに男子円盤投げの大井利江は、初めてのパラリンピックで銀メダルを獲得。なんと56歳の快挙である。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

アテネ五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ