NumberEYESBACK NUMBER

トップリーグ6年目は、
充実の内容でスタート。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2008/09/25 00:00

トップリーグ6年目は、充実の内容でスタート。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 「夕方から雨」の予報が外れた9月5日、秩父宮ラグビー場には1万4901人が詰めかけた。昨季の開幕戦はおろか、プレーオフ決勝さえ上回る大観衆。翌6日、やはり「夕刻から激しい雨に注意」とされた大阪もスッキリと晴れあがり、長居スタジアムには1万1856人が集結。トップリーグは天候にも恵まれ、昨季のリーグ戦では皆無だった観客1万人超を開幕節から東西で実現した。

 そして、選手たちはファンの期待を裏切らなかった。

 開幕戦は、昨季のプレーオフを制したサントリーと日本選手権覇者・三洋電機の因縁対決。試合前に話題を独占したのは、世界最多キャップ記録139を持つ元豪州代表主将、サントリーに加入したグレーガン。世界一のキャリアはいきなり輝いた。前半13分、三洋SOブラウンの絶妙な逆足キックに瞬時に反応してダイレクトキャッチ。26分、ターンオーバーから無人のゴール前に蹴られると、必死に戻って2年連続トライ王の三洋WTB北川智規を追い詰めピンチを脱出。ピッチに立つ30人で最年長の35歳は、誰よりも早く危険なエリアを察知し、そこへ身体を運ぶ。そのたびにスタンドはどよめき、うなり声をあげた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 906文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]KILL THE KING

Sports Graphic Number 712

[UEFA CHAMPIONS LEAGUE]
KILL THE KING

 

関連記事

ジョージ・グレーガン
トニー・ブラウン
大畑大介
コカ・コーラウエスト
東芝ブレイブルーパス
サントリーサンゴリアス
三洋電機ワイルドナイツ
神戸製鋼コベルコスティーラーズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ