NumberEYESBACK NUMBER

今年の選抜を象徴した
エースたちの決勝戦。
――新たな投手黄金時代到来! 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/04/29 07:00

今年の選抜を象徴したエースたちの決勝戦。――新たな投手黄金時代到来!<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 第81回全国選抜高校野球は大会前から注目を浴びた今村猛(清峰)と菊池雄星(花巻東)の両エースが、大会に入ってからもその存在感を大いに放ち、決勝戦で相まみえた。

 今大会は1点差試合の接戦が多く投手陣の活躍が目立ったが、その中で、この二人の存在は象徴的だった。彼らの決勝までの失点が今村は「1」、菊池が「2」。今村が1回戦から準決勝の報徳学園戦で失点するまで33イニング連続無失点だったのに対し、菊池は24イニング連続無失点で後を追った。加えて、清峰のある長崎県と花巻東のある岩手県は春夏の甲子園優勝未経験地区ということもあり、両県の命運を握る投手同士の対決だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1073文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

[日本サッカー特集]FW再考。

Sports Graphic Number 727

[日本サッカー特集]
FW再考。

 

関連記事

菊池雄星
今村猛

高校野球の前後の記事

ページトップ