Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

佐藤琢磨「僕には“いちばん最後に何が必要か”がわかっていた」~インディ500V2インタビュー~

posted2020/12/25 07:00

 
佐藤琢磨「僕には“いちばん最後に何が必要か”がわかっていた」~インディ500V2インタビュー~<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

インディ500の複数回優勝者は世界歴代でも数少ない。佐藤琢磨はその列に名を刻んだ

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

世界3大レースの中でも熱狂的な人気を誇るインディ500。100年を越える歴史においても複数回優勝者は僅かに20人。今年、栄誉あるその列に日本人が不朽の名を刻んだ。特異な年の特別な勝利は、いかに成し遂げられたのか――。

「インディ500で2勝って、本当に夢みたいに嬉しい。でもそれ以上に、僕には2012年以来のストーリーがあるから。メカニックたちが大喜びしてるシーンも最高だったし、何よりも、マイク・ラニガンに優勝リングを届けることができたのが、僕にはいちばん嬉しかったです」

 8月下旬、伝統のレースで2度目の勝利を飾って以来3カ月。シリーズ戦を終えて帰国した佐藤琢磨は、休むことなく毎日のスケジュールに臨んでいる。ホンダをはじめ、多くの協力企業への報告、ファンイベント、取材対応、そして夢を追いかける子供たちへのサポート。そんな慌ただしさのなかでも、8月の熱い思いは鮮明なままだ。

 8年前のインディ500、最終ラップのターン1で首位ダリオ・フランキッティに挑んだ琢磨は、巧みなディフェンスに敗北し、クラッシュしてレースを終えた。

「あのレースの後にはみんな『挑戦したことを誇りに思うよ』って言ってくれたけど、僕が勝てなかったことは事実で。彼らは口にしなかったけど、その無念さたるや凄まじいものだと、僕は知っていました」

“彼ら”とは、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)。'86年のウィナー、ボビー・レイホール率いるチームで'12年シーズンを戦った琢磨は、'17年アンドレッティ・オートスポーツでインディ500初勝利を挙げ、'18年にはRLLRに復帰した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3842文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

佐藤琢磨
マイク・ラニガン
スコット・ディクソン

モータースポーツの前後の記事

ページトップ