#623
SCORE CARD

最終回は、スギッチ流フットボールの愉しみ方。

2009/03/08

 なんと今回で、僕は当コラムの担当を退く。バンザーイと喜ぶ読者の顔が目に浮かぶ。そちらの方が、残念がってくれる人より遥かに多いと思う。また、そうでなくては困るというのが本音だ。

 人と違うことが言いたい。吃驚させたい。世間に波風を立てたい。むしろ反発を買い、嫌われたい。あまのじゃくなのだろう。僕には根っから人騒がせな血が流れている。一歩間違えば、単なる嘘つき、ホラ吹きになりかねないところだが、ホラは絶対に吹いていないという確信は持ち合わせている。ホラを絶対に吹かず、人を驚かせるにはどうしたらいいか。優先すべきは、嘘がないことだが、となれば、必然あまのじゃくの虫が騒ぐ。両者とどう折り合いをつけるか。解決方法は難しくない。人と違うことが言い出せそうな匂いのする現場に、絶対的な確信を掴むまで足を運べば良いだけの話である。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Shinji Akagi
前記事 次記事