#1100
巻頭特集

記事を
ブックマークする

【対談】三笘薫と石川祐希が語り合った「海外で成功するため」の“最後のピース”、そして代表への熱量《「車で音楽をかけて歌う」のはどちら?》

初対談となった三笘薫と石川祐希。サッカー、バレーボール、それぞれの代表のエースだ
サッカーと、バレーボール。競技は異なるものの、ともに特別な才能をヨーロッパの舞台で磨き上げ、「エース」と呼ばれながら日本代表を牽引してきた。そんな2人が、世界で勝つための思考法を語り合った。(原題:[スペシャル対談]三笘薫×石川祐希「日本を背負う覚悟と逆算」)

 初めての顔合わせとは思えぬ、軽快なトークだった。

「誰もが知っている選手だから、会うまでは緊張していました。でも、実際に話してみたらすごく柔らかい人だなって」

 こう三笘薫が言えば、石川祐希が笑顔で応じる。サッカーとバレーボール、それぞれの競技で世界を舞台に目覚ましい活躍を見せ、日本代表も背負う2人が自身の「決断」について語り合う対談は、和やかな雰囲気で始まった。

海外では、意識を変えないと生きていけない。

――まずお互いの印象を聞かせてください。

三笘 僕は石川選手が大学時代に出てきた頃から見て、知っていたので、テレビの人というイメージが強いですね(笑)。

石川 今、プレーしているイタリアはサッカーが盛んですし、2022年のワールドカップのときなんかもチームメイトからよく三笘選手のことを聞かれましたよ。世界で活躍するアスリートの1人として、いつも僕も刺激をもらっています。すべての試合を見ているわけではないですけど、メディアやSNSにアップされているプレーを見ると、やっぱりドリブルのスピードがすごいなと感じますね。それで相手を抜いていくところも魅力的だなと。僕たちも実は練習で鳥かごをやることがあるんですけど、ボールがちょっと軽いのでトラップが難しくて。

三笘 そうなんですか?

石川 三笘選手は走りながらうまくボールをトラップして、捌いているわけじゃないですか。それが本当にすごいなと思って。

三笘 見てくれていただけでありがたい。

石川 今日お会いして少し話をさせてもらって、2歳年下なのにすごくしっかりしているなという印象ですし、どっしり構えているなという雰囲気もありますね。

全ての写真を見る -1枚-
会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Takuya Sugiyama

0

5

3

前記事 次記事