#1098

記事を
ブックマークする

「さびしかったけど…」“ジュニア世界2位”齋藤咲良、11歳からの海外遠征で身につけた語学力と“国際標準”《テニス界期待の17歳》

2024/06/21
昨年9月の全米オープンジュニアで8強入りした齋藤咲良

 ジュニア世界2位の実績を引っさげて、17歳の齋藤咲良がプロに転向した。昨年、四大大会ジュニアのダブルスで3度準優勝。上位ランク選手で競うITFジュニアファイナルズでシングルスで準優勝した。プロにまじって出場した10月のITF牧之原では下部ツアー初優勝を飾った。

 '24年全豪ジュニア男子単優勝の坂本怜など、近年活躍する10代は海外に拠点を置く例が多いが、齋藤は国内クラブに在籍、松田隼十コーチとの練習で力をつけた。ただ、海外での経験なしに今の齋藤はなかった。最初の遠征は11歳のとき。現在の所属先、富士薬品が主催する「セイムスワールドチャレンジプログラム」で欧州などにたびたび遠征した。「インターハイとかに出て、過程を踏みながらプロになればいいかなと思っていた」が、10歳で出場した派遣選手選考会と翌年の遠征が「人生の転機」になったという。

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Hiromasa Mano

0

0

0

前記事 次記事