#1087

記事を
ブックマークする

RIZINで“大晦日無敗の男”堀口恭司が追及する強さ「最後は本物しか残らない」<1月の新しい主催大会にはムエタイ・吉成名高も>

2023/12/31

 いまや大晦日恒例となった格闘技イベント『RIZIN』で、この日に限っていえば5戦全勝と無敗レコードを更新中のMMAファイターがいる。12月31日に新設されるRIZINフライ級王座を、10連勝中の神龍誠と争う堀口恭司だ。

「自分はファンの時代から年末の格闘技を観ているけど、大晦日は格闘技という感じで完全に根付いている。一番印象に残っているのは、KIDさんと魔裟斗さんの一戦(2004年12月31日・大阪ドーム)ですね」

 KIDとは'18年9月に急逝した堀口の師・山本“KID”徳郁氏を指す。いま、格闘家人生の道を開いてくれた恩人のように大舞台で戦う。

 神龍とは'23年7月30日の超RIZIN.2で新設されたBellatorフライ級王座を懸けて初対決。試合開始わずか25秒で堀口の指が神龍の目に入ってしまい、ノーコンテストになってしまった。その3カ月前にはハワイで開催のBellatorに出場予定だったが、対戦相手の体重超過によって試合が流れている。2試合連続で不運に見舞われてしまったわけだが、堀口は「勝負はなるようにしかならない」と割り切る。

 神龍の印象を聞くと、堀口は「怖いもの知らずという感じですね」と語る。過去に似たようなタイプと対戦したことはあるかと続けると、堀口は「たぶん似たようなタイプはいなかったと思うけど、基本的に自分は相手のことはあまり気にしない。自分のやるべきことをやればいいという感じなので」と言い切った。

 堀口の格闘技のベースは伝統派空手にある。遠い間合いから一気に距離を詰め、打撃を打ち込むスタイルは空手家時代に培われたものだ。その打撃を武器に31勝のうち15のKO勝ちを誇る。その一方で寝技も得意で、肩固めなどで4つの一本勝ちを収めている。今回も自信満々だ。

「得意なポジションをとれば、どの局面でも圧倒できると思う」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by ©RIZIN FF Susumu Nagao

0

0

0

前記事 次記事