#1086
巻頭特集

記事を
ブックマークする

「いったいどれだけ強いのか」イクイノックス、ジャパンカップ圧勝の有終…でも木村師「いつもギリギリですよ」の真意は?

2023/12/10
ラスト1ハロン手前でパンサラッサを抜き去ると独壇場に。牝馬三冠のリバティアイランドにも4馬身差をつけた

 いったいどれだけ強いのか。ジャパンカップを4馬身差で制したイクイノックスの走りに、誇張ではなく、誰もが呆れてそう呟いた。

 この勝利でイクイノックスは歴代最多タイのGI6連勝、総獲得賞金はアーモンドアイを抜いて歴代1位となった。レースの4日後には現役引退を発表。さまざまな勲章や記録とともにターフを去ったイクイノックスには、今後は種牡馬としてその血を次代へ残す役割が待っている。きっとそこでもまたさまざまな記録を打ち立て、人々を驚かせるはずだ。

「楽に勝っていると思われがちですが、そんなことはぜんぜんないんです。良い状態で出走できるかどうか、いつもギリギリですよ」

会員になると続きをお読みいただけます。
オリジナル動画も見放題、
会員サービスの詳細はこちら
特製トートバッグ付き!

「雑誌プラン」にご加入いただくと、全員にNumber特製トートバッグをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Keiji Ishikawa
前記事 次記事