#1086
巻頭特集

記事を
ブックマークする

阪神・村上頌樹の人生を変えた“2人のエース”とは?「ピンチでも点を取れない感じにならないと」<MVP&新人王インタビュー>

2023/12/07
セ・リーグMVPを受賞した25歳の村上頌樹。新人王とのW受賞だった
昨季までプロ0勝の3年目右腕がリーグMVP受賞まで上り詰めた。空前のシンデレラストーリーはライバルと先輩の存在が糧になった。阪神をリーグ優勝と日本一に導いた「村神様」が進化の真相を明かす。

 日本シリーズ第7戦の行方を祈るように見る男がいた。阪神の村上頌樹は前夜、本来の投球をできず、オリックスのエース山本由伸に完敗した。自ら日本一に導けず、責任を痛切に感じていた。ブレークしたシーズンの最後に悔しさが残った。

 1勝2敗。

 今季、山本との直接対決の結果である。「1敗の差」に何を感じ取ったのか。

 そう問うと村上は、すぐに6月の初対戦での驚きを口にした。試合中、キャッチボールをしながら山本を見ていたという。

「ピンチの方が、こっちに点、入らんやん」

 山本は試合全体を俯瞰して、強弱をつけて投げていた。その日は8回11奪三振無失点。村上も8回2失点と健闘したが、さらに上をいく快投を見せつけられた。

「ランナーがいなくて、力を入れていない時しか点が入らないんじゃないかと思いました。ギアを上げた時、さっき投げていた球と全然、速さもキレも違う。『こういうピッチャーが勝てるんや』と感じました」

村上が大事にしている初球ストライク率「70~80」

 日本シリーズの第1戦は6月の敗北以来の対決となった。シーズン10勝を達成した村上もまた、この時にはもう、冷静に試合の流れを読めるようになり、堂々と渡り合っていた。

 序盤から山本と交互に「0」を並べていった。村上がギアを上げたのは4回である。

「4回表にチャンスで点を取れなくて『嫌な流れだな』と感じました。『4回裏は大事』だと。3者凡退にできたから、直後の5回に点が入ったんじゃないかと思います」

 4回表は無死一、二塁の絶好機で中軸が倒れ、先制できなかった。その裏、相手は1番からの好打順だったが、小気味よくアウト3つを重ねた。わずか10球での攻守交代は、制球に秀でた村上の本領だった。

PREMIER会員になると
続きをお読みいただけます。
特製スマホリング付き!

今なら「雑誌プラン」にご加入いただくと、
全員にNumber特製スマホリングをプレゼント。
※送付はお申し込み翌月の中旬を予定しています

photograph by Naohiro Kurashina
前記事 次記事