著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

伊藤秀倫Hidenori Ito

1975年佐賀県生まれ。ライター・編集者。2019年に文藝春秋を退社、ヒグマ関連の事件を取材。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
『羆撃ち久保俊治 狩猟教書』伝説の羆撃ちが明かす狩猟の極意は、現代の「五輪書」か。

新刊ドラフト会議

『羆撃ち久保俊治 狩猟教書』伝説の羆撃ちが明かす狩猟の極意は、現代の「五輪書」か。

「とんでもない本だ、これ」。読み進めながら、思わず唸った。私のようなヒグマ愛好家にとって、久保俊治の名は、アイヌ犬との美… 続きを読む

伊藤秀倫Hidenori Ito

その他スポーツ

有料

2021/04/13

札幌圏内でヒグマが人間を殺して腹部、臀部などを食べて…持っていれば生存確率が上がるものとは

Number Ex

札幌圏内でヒグマが人間を殺して腹部、臀部などを食べて…持っていれば生存確率が上がるものとは

遺体はうつぶせの状態で、腰から下が土で覆われ、頭部と上体部は裸出し、両手は胸の前に交差するように組まれていた。腹部、臀部… 続きを読む

伊藤秀倫Hidenori Ito

登山

2020/12/13

ヒグマに襲われ死亡したハンターの「顔面」は原形をとどめない…なぜ顔を狙うのか?

Number Ex

ヒグマに襲われ死亡したハンターの「顔面」は原形をとどめない…なぜ顔を狙うのか?

門崎氏のデータによると、1970年から2016年にかけてヒグマによる人身事故は94件起きているが、そのうち「食害」のための襲撃は11… 続きを読む

伊藤秀倫Hidenori Ito

登山

2020/12/13

ページトップ