記事に戻る

青学大と広がる差「大迫君以来、早稲田卒の日本代表がいない」強かった“あの頃”の早稲田大を知る花田勝彦はシード落ちの母校を救えるか?

1993年の箱根駅伝4区、区間新を出した早稲田大の花田勝彦。早稲田はこの年、総合優勝。その花田が駅伝監督として母校に帰ってきた / photograph by Sankei Shimbun 早大競走部の駅伝監督に就任した花田勝彦氏(右)と前任の相楽豊氏。6月2日の就任会見で ©JIJI PRESS 箱根駅伝の優勝回数は13回(中央大に次ぐ2位)を誇る早稲田大学。しかし、今年は13位で3年ぶりにシード権を逃した ©Nanae Suzuki 写真は2012年の日本選手権1万m。早稲田大3年時の大迫傑 ©BUNGEISHUNJU 1994年の箱根駅伝2区で。山梨学院大のステファン・マヤカと花田 ©BUNGEISHUNJU 早稲田大2年のときの大迫傑(2012年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大2年のときの大迫傑(2012年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大1年のときの大迫傑(2011年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大1年のときの大迫傑(2011年1月) ©BUNGEISHUNJU 東京五輪を最後に現役を退いた大迫傑(30歳)と駒大エース田澤廉(21歳)の初対談(Numberで) ©Asami Enomoto

1994年の箱根駅伝2区で。山梨学院大のステファン・マヤカと花田 ©BUNGEISHUNJU

1993年の箱根駅伝4区、区間新を出した早稲田大の花田勝彦。早稲田はこの年、総合優勝。その花田が駅伝監督として母校に帰ってきた / photograph by Sankei Shimbun 早大競走部の駅伝監督に就任した花田勝彦氏(右)と前任の相楽豊氏。6月2日の就任会見で ©JIJI PRESS 箱根駅伝の優勝回数は13回(中央大に次ぐ2位)を誇る早稲田大学。しかし、今年は13位で3年ぶりにシード権を逃した ©Nanae Suzuki 写真は2012年の日本選手権1万m。早稲田大3年時の大迫傑 ©BUNGEISHUNJU 1994年の箱根駅伝2区で。山梨学院大のステファン・マヤカと花田 ©BUNGEISHUNJU 早稲田大2年のときの大迫傑(2012年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大2年のときの大迫傑(2012年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大1年のときの大迫傑(2011年1月) ©BUNGEISHUNJU 早稲田大1年のときの大迫傑(2011年1月) ©BUNGEISHUNJU 東京五輪を最後に現役を退いた大迫傑(30歳)と駒大エース田澤廉(21歳)の初対談(Numberで) ©Asami Enomoto

ページトップ