記事に戻る

強豪・駒澤大4年生「競技継続者はゼロ」の衝撃、創価大・嶋津は5年目へ…箱根駅伝で活躍した4年生の“意外な進路”

青山学院大学の総合優勝に終わった今年の箱根駅伝。前編に続き、出場各校の4年生ランナーたちの進路を追った / photograph by Yuki Suenaga 2年連続5区・山登り区間を駆けた三上は地元・広島に戻り、中国電力に入社予定だ ©Nanae Suzuki 法政大の主将・清家陸は地元の愛媛に戻り、南海放送に入社予定だ ©Nanae Suzuki 4区を走った主将の本間は現役を引退する ©Yuki Suenaga 早大のエース・中谷雄飛は強豪・SGホールディングスに入社予定。佐藤悠基らと五輪を目指す ©Yuki Suenaga 今年の箱根駅伝6区で快走を見せた4年の佃康平は現役引退する予定だ ©AFLO

2年連続5区・山登り区間を駆けた三上は地元・広島に戻り、中国電力に入社予定だ ©Nanae Suzuki

青山学院大学の総合優勝に終わった今年の箱根駅伝。前編に続き、出場各校の4年生ランナーたちの進路を追った / photograph by Yuki Suenaga 2年連続5区・山登り区間を駆けた三上は地元・広島に戻り、中国電力に入社予定だ ©Nanae Suzuki 法政大の主将・清家陸は地元の愛媛に戻り、南海放送に入社予定だ ©Nanae Suzuki 4区を走った主将の本間は現役を引退する ©Yuki Suenaga 早大のエース・中谷雄飛は強豪・SGホールディングスに入社予定。佐藤悠基らと五輪を目指す ©Yuki Suenaga 今年の箱根駅伝6区で快走を見せた4年の佃康平は現役引退する予定だ ©AFLO

ページトップ