記事に戻る

“有馬記念で3年連続3着”ナイスネイチャ33歳がふるさとで過ごす幸せな余生「馬なのに“人間っぽくて大好き”と言われます」

今も多くのファンに愛されるナイスネイチャ。33歳を祝う「バースデードネーション」で3500万円を超える寄付が集まったことも話題を呼んだ / photograph by Daisuke Asauchi のんびりと牧草を食むナイスネイチャ。有馬記念での3年連続3着は今も競馬ファンの間で語り草になっている ©Daisuke Asauchi ナイスネイチャは主戦の松永昌博騎手(現調教師)を背に1991年の鳴尾記念を快勝。有馬記念でもメジロマックイーンに次ぐ2番人気に支持された ©Sankei Shimbun 1993年の有馬記念の直線。緑と赤のメンコをつけたオレンジの帽子の馬がナイスネイチャ ©Sports Graphic Number 1997年より種牡馬となったナイスネイチャ。しかし2年目以降の種付け頭数は一桁台だった ©Daisuke Asauchi にっこりと微笑むナイスネイチャのクリアファイル ©The Retired Horse Association 国内外の短距離GIを5勝し、JRA顕彰馬にも選出されたタイキシャトル。種牡馬としてもウインクリューガーやメイショウボーラーといったGI馬を輩出した ©Daisuke Asauchi ナイスネイチャは33歳の今も多くの人に愛されながら幸福な余生を過ごしている ©Daisuke Asauchi テイエムオペラオーとの激闘が今も語り継がれるメイショウドトウ。ナイスネイチャとともに引退馬協会の啓蒙活動を担っている ©Daisuke Asauchi タイキフォーチュンは1996年にGⅠとして新設されたNHKマイルカップの初代王者 ©Daisuke Asauchi 2008年のNHKマイルカップとダービーを制したディープスカイ。「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」により引退馬協会での受け入れが決定した ©Daisuke Asauchi 2006年のダービーをはじめGⅠ4勝のメイショウサムソンも、引退馬協会の“広報部員”の一員となった ©Daisuke Asauchi 牧草を口に含んで幸せそうなナイスネイチャ ©Daisuke Asauchi

のんびりと牧草を食むナイスネイチャ。有馬記念での3年連続3着は今も競馬ファンの間で語り草になっている ©Daisuke Asauchi

今も多くのファンに愛されるナイスネイチャ。33歳を祝う「バースデードネーション」で3500万円を超える寄付が集まったことも話題を呼んだ / photograph by Daisuke Asauchi のんびりと牧草を食むナイスネイチャ。有馬記念での3年連続3着は今も競馬ファンの間で語り草になっている ©Daisuke Asauchi ナイスネイチャは主戦の松永昌博騎手(現調教師)を背に1991年の鳴尾記念を快勝。有馬記念でもメジロマックイーンに次ぐ2番人気に支持された ©Sankei Shimbun 1993年の有馬記念の直線。緑と赤のメンコをつけたオレンジの帽子の馬がナイスネイチャ ©Sports Graphic Number 1997年より種牡馬となったナイスネイチャ。しかし2年目以降の種付け頭数は一桁台だった ©Daisuke Asauchi にっこりと微笑むナイスネイチャのクリアファイル ©The Retired Horse Association 国内外の短距離GIを5勝し、JRA顕彰馬にも選出されたタイキシャトル。種牡馬としてもウインクリューガーやメイショウボーラーといったGI馬を輩出した ©Daisuke Asauchi ナイスネイチャは33歳の今も多くの人に愛されながら幸福な余生を過ごしている ©Daisuke Asauchi テイエムオペラオーとの激闘が今も語り継がれるメイショウドトウ。ナイスネイチャとともに引退馬協会の啓蒙活動を担っている ©Daisuke Asauchi タイキフォーチュンは1996年にGⅠとして新設されたNHKマイルカップの初代王者 ©Daisuke Asauchi 2008年のNHKマイルカップとダービーを制したディープスカイ。「ナイスネイチャ・33歳のバースデードネーション」により引退馬協会での受け入れが決定した ©Daisuke Asauchi 2006年のダービーをはじめGⅠ4勝のメイショウサムソンも、引退馬協会の“広報部員”の一員となった ©Daisuke Asauchi 牧草を口に含んで幸せそうなナイスネイチャ ©Daisuke Asauchi

ページトップ