記事に戻る

「監督より僕の方がタイム速いですよ」箱根駅伝ランナーに起きている“1万mのインフレ問題”《希少だった「28分台」も今や…》

歴代の箱根駅伝トップランナーたちは「1万m」の記録でその走力を計られてきた / photograph by JIJI PRESS/Nanae Suzuki/Asami Enomoto 昨季の箱根駅伝で下克上の活躍を見せた創価大を率いたのが榎木和貴である ©Nanae Suzuki 法大のエースだった徳本一善。金髪に異色のサングラス姿が話題となった。現在は駿河台大学駅伝部の監督を務めており、今季の箱根駅伝で創部10年で初出場を飾る ©JIJI PRESS 東海大時代の佐藤悠基 ©AFLO 箱根駅伝1区で1年から2年連続区間賞を獲得している大迫傑(2011年撮影) ©Shigeki Yamamoto 田村和希 ©Hiroshi Kamaya

歴代の箱根駅伝トップランナーたちは「1万m」の記録でその走力を計られてきた(photograph by JIJI PRESS/Nanae Suzuki/Asami Enomoto)

歴代の箱根駅伝トップランナーたちは「1万m」の記録でその走力を計られてきた / photograph by JIJI PRESS/Nanae Suzuki/Asami Enomoto 昨季の箱根駅伝で下克上の活躍を見せた創価大を率いたのが榎木和貴である ©Nanae Suzuki 法大のエースだった徳本一善。金髪に異色のサングラス姿が話題となった。現在は駿河台大学駅伝部の監督を務めており、今季の箱根駅伝で創部10年で初出場を飾る ©JIJI PRESS 東海大時代の佐藤悠基 ©AFLO 箱根駅伝1区で1年から2年連続区間賞を獲得している大迫傑(2011年撮影) ©Shigeki Yamamoto 田村和希 ©Hiroshi Kamaya

ページトップ