記事に戻る

原晋監督は「全日本の本命も東京国際大ですよ」箱根駅伝まで3カ月、今季の青学大“逆襲”の予感はあるか《出雲駅伝2位》

10月10日の出雲駅伝で青学大は2位だった。写真は4位→2位に順位を上げたアンカーの横田俊吾(3年) / photograph by Nanae Suzuki 4位→2位に順位を上げたアンカーの横田俊吾(3年) ©Nanae Suzuki 出雲駅伝1区のスタート前。20チームが参加。青学大の近藤幸太郎(3年)は23分41秒で区間賞だった ©Nanae Suzuki 青学大5区を走った目片将大(3年)。区間6位だった ©Nanae Suzuki 出雲駅伝で初優勝した東京国際大。3区から先頭を走り、6区ヴィンセントに1位でタスキをつないだ。ヴィンセントは29分21秒で区間賞 ©Nanae Suzuki 初優勝した東京国際大のメンバー ©Nanae Suzuki 青学大の原晋監督。アンカー横田の走りには「上出来ですよ」と顔をほころばせた ©Nanae Suzuki 1区のスタート前。青学大・近藤幸太郎(3年)が区間賞だった ©Nanae Suzuki 5位に入った駒大。田澤廉(3年)はヴィンセントに次ぐ区間2位だった ©Nanae Suzuki 今年の箱根駅伝2位の創価大は、7位だった ©Nanae Suzuki 北海道大(19位)。ほかに立命大(11位)、大阪経済大(12位)や関学大(13位)など全国の大学が参加した ©Nanae Suzuki

出雲駅伝1区のスタート前。20チームが参加。青学大の近藤幸太郎(3年)は23分41秒で区間賞だった ©Nanae Suzuki

10月10日の出雲駅伝で青学大は2位だった。写真は4位→2位に順位を上げたアンカーの横田俊吾(3年) / photograph by Nanae Suzuki 4位→2位に順位を上げたアンカーの横田俊吾(3年) ©Nanae Suzuki 出雲駅伝1区のスタート前。20チームが参加。青学大の近藤幸太郎(3年)は23分41秒で区間賞だった ©Nanae Suzuki 青学大5区を走った目片将大(3年)。区間6位だった ©Nanae Suzuki 出雲駅伝で初優勝した東京国際大。3区から先頭を走り、6区ヴィンセントに1位でタスキをつないだ。ヴィンセントは29分21秒で区間賞 ©Nanae Suzuki 初優勝した東京国際大のメンバー ©Nanae Suzuki 青学大の原晋監督。アンカー横田の走りには「上出来ですよ」と顔をほころばせた ©Nanae Suzuki 1区のスタート前。青学大・近藤幸太郎(3年)が区間賞だった ©Nanae Suzuki 5位に入った駒大。田澤廉(3年)はヴィンセントに次ぐ区間2位だった ©Nanae Suzuki 今年の箱根駅伝2位の創価大は、7位だった ©Nanae Suzuki 北海道大(19位)。ほかに立命大(11位)、大阪経済大(12位)や関学大(13位)など全国の大学が参加した ©Nanae Suzuki

ページトップ