記事に戻る

高校球児の“意外な大ブーム” 専門店も「ここまで流行るとは…」1万円超のベルトがバカ売れ&バットは金色が「在庫ない」

優勝した智弁和歌山の選手たちも愛用していた1万円超するベルトとは? / photograph by Hideki Sugiyama 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。手には、この夏流行ったゴールド色のミズノ「VKONG 02」 表は今大会のホームラン全36本のバット一覧①。ゴールドの文字が目立つ 表は今大会のホームラン全36本のバット一覧② 東海大菅生戦でホームランを打った大阪桐蔭・前田健伸。やはりゴールド色のバット(ZETT プロステイタス)だった ©KYODO 「完全に定着した」という白スパイク。今大会は49校中41校が白スパイクだった 高校球児の“意外な大ブーム” 専門店も「ここまで流行るとは…」1万円超のベルトがバカ売れ&バットは金色が「在庫ない」(7) この夏、最大の流行グッズはベルト「コアエナジー」。1万円以上と従来品よりかなり高いが売れているという 言われてみれば確かに違う「智弁和歌山」と「智弁学園」のスタイル。写真の智弁和歌山は「丸っこいキャップ」で「ユニフォームは下こそピチピチでしたが、上はダボッと」。ベルトが隠れている ©Hideki Sugiyama 一方の智弁学園。「カクカクしたキャップ」に「上下ともにピチピチのユニフォーム」でベルトが見えやすい ©Hideki Sugiyama 1998年夏の甲子園を制した、松坂大輔(横浜)も角ばったキャップだった ©Hideki Sugiyama

優勝した智弁和歌山の選手たちも愛用していた1万円超するベルトとは?(photograph by Hideki Sugiyama)

優勝した智弁和歌山の選手たちも愛用していた1万円超するベルトとは? / photograph by Hideki Sugiyama 野球専門店・ベースマン立川店のカリスマ店長、星徹弥さん。手には、この夏流行ったゴールド色のミズノ「VKONG 02」 表は今大会のホームラン全36本のバット一覧①。ゴールドの文字が目立つ 表は今大会のホームラン全36本のバット一覧② 東海大菅生戦でホームランを打った大阪桐蔭・前田健伸。やはりゴールド色のバット(ZETT プロステイタス)だった ©KYODO 「完全に定着した」という白スパイク。今大会は49校中41校が白スパイクだった 高校球児の“意外な大ブーム” 専門店も「ここまで流行るとは…」1万円超のベルトがバカ売れ&バットは金色が「在庫ない」(7) この夏、最大の流行グッズはベルト「コアエナジー」。1万円以上と従来品よりかなり高いが売れているという 言われてみれば確かに違う「智弁和歌山」と「智弁学園」のスタイル。写真の智弁和歌山は「丸っこいキャップ」で「ユニフォームは下こそピチピチでしたが、上はダボッと」。ベルトが隠れている ©Hideki Sugiyama 一方の智弁学園。「カクカクしたキャップ」に「上下ともにピチピチのユニフォーム」でベルトが見えやすい ©Hideki Sugiyama 1998年夏の甲子園を制した、松坂大輔(横浜)も角ばったキャップだった ©Hideki Sugiyama

ページトップ