記事に戻る

「箱根駅伝常連校」の変化、慶応と立教に“急激な成長”の予感? 「駒大一強」時代のレースに見た夏合宿前のチーム事情

全日本大学駅伝関東選考会で日本人2位に入った東京国際大・丹所健(中央/4番)。同校は1位で本選出場を決めた / photograph by Satoshi Wada 東京国際大OBの伊藤達彦は10000mで五輪出場を決めている ©Asami Enomoto 藤木宏太 服部凱杏(立教大37番)

全日本大学駅伝関東選考会で日本人2位に入った東京国際大・丹所健(中央/4番)。同校は1位で本選出場を決めた(photograph by Satoshi Wada)

全日本大学駅伝関東選考会で日本人2位に入った東京国際大・丹所健(中央/4番)。同校は1位で本選出場を決めた / photograph by Satoshi Wada 東京国際大OBの伊藤達彦は10000mで五輪出場を決めている ©Asami Enomoto 藤木宏太 服部凱杏(立教大37番)

ページトップ