記事に戻る

大谷翔平“自己最長143m決勝17号”にMLB公式「オーマイガー」 監督も「いつも楽しんでいる」と喜ぶ“笑顔の超才能”

自己最長となる143mの特大17号本塁打を放って笑顔でホームインする大谷 / photograph by Getty Images 大谷の自己最長143m弾のインパクトの瞬間©Getty Images 日本ハム時代の大谷©Hideki Sugiyama 2018年の大谷©Getty Images 菊池雄星とグータッチする大谷©Kyodo News スプリットとストレートの球速差が少ないのも特徴だ©Getty Images アルテューベ(左)と大谷©Getty Images オープン戦では5本塁打を放った©Getty Images セーフティバントを決めた大谷©Getty Images 盗塁、三塁打もマークする走力も恐るべきものだ©Getty Images 「2番投手」の大谷が放った今季第2号ホームラン©Getty Images 4月16日にはバットを折りながらも、センター前ヒットを放った ©Getty Images かわいい笑顔の大谷©Getty Images 2019年、菊池と大谷の対決©Getty Images イチローvs大谷が実現しなかったのは残念だが、談笑する2人を見られるだけでも幸せなのだろう©Getty Images 牽制球に慌てて戻る©Getty Images ホームランを打ったのに猛ダッシュ©Getty Images 会心の勝ち越し弾に左手を突き上げガッツポーズ©Getty Images 2021年5月14日(11号 泳ぎながらもグリーンモンスター超え) 2019年の大谷©Nanae Suzuki 久々に勝利したレンジャーズ戦で雄叫びをあげる©Getty Images 強打、好走塁をメジャーの舞台で見せる大谷©Getty Images

大谷の自己最長143m弾のインパクトの瞬間©Getty Images

自己最長となる143mの特大17号本塁打を放って笑顔でホームインする大谷 / photograph by Getty Images 大谷の自己最長143m弾のインパクトの瞬間©Getty Images 日本ハム時代の大谷©Hideki Sugiyama 2018年の大谷©Getty Images 菊池雄星とグータッチする大谷©Kyodo News スプリットとストレートの球速差が少ないのも特徴だ©Getty Images アルテューベ(左)と大谷©Getty Images オープン戦では5本塁打を放った©Getty Images セーフティバントを決めた大谷©Getty Images 盗塁、三塁打もマークする走力も恐るべきものだ©Getty Images 「2番投手」の大谷が放った今季第2号ホームラン©Getty Images 4月16日にはバットを折りながらも、センター前ヒットを放った ©Getty Images かわいい笑顔の大谷©Getty Images 2019年、菊池と大谷の対決©Getty Images イチローvs大谷が実現しなかったのは残念だが、談笑する2人を見られるだけでも幸せなのだろう©Getty Images 牽制球に慌てて戻る©Getty Images ホームランを打ったのに猛ダッシュ©Getty Images 会心の勝ち越し弾に左手を突き上げガッツポーズ©Getty Images 2021年5月14日(11号 泳ぎながらもグリーンモンスター超え) 2019年の大谷©Nanae Suzuki 久々に勝利したレンジャーズ戦で雄叫びをあげる©Getty Images 強打、好走塁をメジャーの舞台で見せる大谷©Getty Images

ページトップ