記事に戻る

“4万円”チケットがダフ屋で“60万円”に…戦前の異常人気ボクサー、“拳聖”ピストン堀口とは何者だったのか?

戦前~戦後の大スター拳闘家・ピストン堀口(堀口恒男) / photograph by KYODO ファイティングポーズのピストン堀口(1947年撮影) ©Mainichi Newspaper/AFLO 1933年7月、早稲田大学戸塚球場でのエミール・プラドネル対ピストン堀口戦。3万人の観衆が沸いた ©読売新聞/AFLO こちらは戦後1946年に撮影された写真 ©KYODO 1941年のピストン堀口対笹崎僙戦は「世紀の一戦」と呼ばれた。その際は6回TKOで堀口が勝利。両雄の対決は、戦後に4度の再戦が行われ、通算成績は堀口1勝、笹崎2勝、引き分けが2試合(写真は1946年の一戦、右が堀口) ©Mainichi Newspaper/AFLO 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします 日本に拳闘(ボクシング)興行を根付かせた大物やくざ・嘉納健治 ピストン堀口(堀口恒男) ©KYODO こちらは戦後1946年に撮影されたピストン堀口の写真 ©KYODO ピストン堀口(堀口恒男) ©KYODO

戦前~戦後の大スター拳闘家・ピストン堀口(堀口恒男)(photograph by KYODO)

戦前~戦後の大スター拳闘家・ピストン堀口(堀口恒男) / photograph by KYODO ファイティングポーズのピストン堀口(1947年撮影) ©Mainichi Newspaper/AFLO 1933年7月、早稲田大学戸塚球場でのエミール・プラドネル対ピストン堀口戦。3万人の観衆が沸いた ©読売新聞/AFLO こちらは戦後1946年に撮影された写真 ©KYODO 1941年のピストン堀口対笹崎僙戦は「世紀の一戦」と呼ばれた。その際は6回TKOで堀口が勝利。両雄の対決は、戦後に4度の再戦が行われ、通算成績は堀口1勝、笹崎2勝、引き分けが2試合(写真は1946年の一戦、右が堀口) ©Mainichi Newspaper/AFLO 『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社) 書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします 日本に拳闘(ボクシング)興行を根付かせた大物やくざ・嘉納健治 ピストン堀口(堀口恒男) ©KYODO こちらは戦後1946年に撮影されたピストン堀口の写真 ©KYODO ピストン堀口(堀口恒男) ©KYODO

ページトップ