記事に戻る

2年連続“当日変更”で箱根駅伝を走れず…創価大主将・鈴木渓太が「全てやって、届かなかった」とき思ったこと

創価大学駅伝部で1年間キャプテンを務めた鈴木渓太(右から2番目)。箱根駅伝の出走はかなわなかったがすでにその眼は卒業後を見据えている / photograph by 創価大学駅伝部 創価大のキャプテンを務めた鈴木渓太(中央)。同期の石津佳晃(左)は9区で区間賞を獲得している 昨年10月の多摩川5大学対校長距離競技会での鈴木(左) ©Satoshi Wada 6区を走った濱野将基 ©Nanae Suzuki 駒大10区の石川(左)をゴール地点で迎え入れた神戸駿介も、走れなかった主将の1人だった 2年連続“当日変更”で箱根駅伝を走れず…創価大主将・鈴木渓太が「全てやって、届かなかった」とき思ったこと(6)

創価大学駅伝部で1年間キャプテンを務めた鈴木渓太(右から2番目)。箱根駅伝の出走はかなわなかったがすでにその眼は卒業後を見据えている(photograph by 創価大学駅伝部)

創価大学駅伝部で1年間キャプテンを務めた鈴木渓太(右から2番目)。箱根駅伝の出走はかなわなかったがすでにその眼は卒業後を見据えている / photograph by 創価大学駅伝部 創価大のキャプテンを務めた鈴木渓太(中央)。同期の石津佳晃(左)は9区で区間賞を獲得している 昨年10月の多摩川5大学対校長距離競技会での鈴木(左) ©Satoshi Wada 6区を走った濱野将基 ©Nanae Suzuki 駒大10区の石川(左)をゴール地点で迎え入れた神戸駿介も、走れなかった主将の1人だった 2年連続“当日変更”で箱根駅伝を走れず…創価大主将・鈴木渓太が「全てやって、届かなかった」とき思ったこと(6)

ページトップ