記事に戻る

M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」

2020年M-1で2度目の決勝進出。8位だったアキナの山名文和、秋山賢太(右) / photograph by Shigeki Yamamoto アキナの秋山賢太(手前)と山名文和。M-1決勝は2016年以来4年ぶり2度目だった M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(3) M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(4) M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(5)

2020年M-1で2度目の決勝進出。8位だったアキナの山名文和、秋山賢太(右)(photograph by Shigeki Yamamoto)

2020年M-1で2度目の決勝進出。8位だったアキナの山名文和、秋山賢太(右) / photograph by Shigeki Yamamoto アキナの秋山賢太(手前)と山名文和。M-1決勝は2016年以来4年ぶり2度目だった M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(3) M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(4) M-1“惨敗”のアキナ、あえて敗戦を語る「大好きなサンド富澤さんの最低点(88点)、公開処刑みたいなもんです」(5)

ページトップ