記事に戻る

青学アンカーは“隠れ主役”、駒大エースが3区で勝負…箱根駅伝《四強》の区間配置を予想してみた

箱根駅伝の区間エントリーが29日に発表される / photograph by JIJI PRESS/Yuki Suenaga 11月の全日本駅伝では7区神林勇太から1位でたすきを受け取った吉田圭太(右)。しかしその後、東海大・駒大・明大に追い抜かされ、4位でゴールした ©JIJI PRESS エース名取燎太(4年)は2区を走るか ©Yuki Suenaga 今季の全日本大学駅伝を制した駒大のエース田澤は「僕のところでトップにたつ」と自信をみせる ©Asami Enomoto 72年ぶりの王座奪還を目指す明大。4年生の前田は昨季と同じ6区か? ©Nanae Suzuki

11月の全日本駅伝では7区神林勇太から1位でたすきを受け取った吉田圭太(右)。しかしその後、東海大・駒大・明大に追い抜かされ、4位でゴールした ©JIJI PRESS

箱根駅伝の区間エントリーが29日に発表される / photograph by JIJI PRESS/Yuki Suenaga 11月の全日本駅伝では7区神林勇太から1位でたすきを受け取った吉田圭太(右)。しかしその後、東海大・駒大・明大に追い抜かされ、4位でゴールした ©JIJI PRESS エース名取燎太(4年)は2区を走るか ©Yuki Suenaga 今季の全日本大学駅伝を制した駒大のエース田澤は「僕のところでトップにたつ」と自信をみせる ©Asami Enomoto 72年ぶりの王座奪還を目指す明大。4年生の前田は昨季と同じ6区か? ©Nanae Suzuki

ページトップ