記事に戻る

デザイン、性能、音、打感……。すべてでゴルファーを圧倒する、ミズノのアイアンの魅力に迫る!

デザイン、性能、音、打感……。すべてでゴルファーを圧倒する、ミズノのアイアンの魅力に迫る!(1) / photograph by Nanae Suzuki 175cmのルーク・ドナルド選手が2m近いライバル達に対抗するため、彼はショットの正確性を重視。そして、彼を支えるのが正確無比なショットを生み出すミズノのアイアンだ。熟練の技を見聞するため、ミズノテクニクス(養老工場)を訪れたルーク。  ミズノのアイアンを手作りで仕上げる熟練のクラフトマン。中でもこの道三十余年の伊藤友男さんは国内外のツアープロから絶大な信頼を寄せられている。その伊藤さんの技術を、真剣に見つめるルーク・ドナルド選手。  厳選した高品質素材の採用で高強度、高靭性が実現したミズノのアイアン(写真右)。それに比べて一般的なアイアンは金属組織が荒く、ばらつきがある(写真左)。  ネックとヘッドを一体成型することで(しかも計4回のプレス!)、鍛流線(金属組織の流れ)が途中で切れることなく一方向に連続。これによってミズノがこだわる“打感の良さ”が生まれる。  リーディングエッジは丸みを持たせ、トレーリングエッジは大きくラウンドさせているため、ボールが拾いやすく、あらゆるライでもシャープな抜けを可能にしている。  重心位置や慣性モーメントなど、従来の設計要素に加えて、ショット時のヘッドの音色を数十ヘルツ単位で調整。最適な打球音のバランスを追求している。ミズノはそれを「生きている音」と謳っている。 

175cmのルーク・ドナルド選手が2m近いライバル達に対抗するため、彼はショットの正確性を重視。そして、彼を支えるのが正確無比なショットを生み出すミズノのアイアンだ。熟練の技を見聞するため、ミズノテクニクス(養老工場)を訪れたルーク。 

デザイン、性能、音、打感……。すべてでゴルファーを圧倒する、ミズノのアイアンの魅力に迫る!(1) / photograph by Nanae Suzuki 175cmのルーク・ドナルド選手が2m近いライバル達に対抗するため、彼はショットの正確性を重視。そして、彼を支えるのが正確無比なショットを生み出すミズノのアイアンだ。熟練の技を見聞するため、ミズノテクニクス(養老工場)を訪れたルーク。  ミズノのアイアンを手作りで仕上げる熟練のクラフトマン。中でもこの道三十余年の伊藤友男さんは国内外のツアープロから絶大な信頼を寄せられている。その伊藤さんの技術を、真剣に見つめるルーク・ドナルド選手。  厳選した高品質素材の採用で高強度、高靭性が実現したミズノのアイアン(写真右)。それに比べて一般的なアイアンは金属組織が荒く、ばらつきがある(写真左)。  ネックとヘッドを一体成型することで(しかも計4回のプレス!)、鍛流線(金属組織の流れ)が途中で切れることなく一方向に連続。これによってミズノがこだわる“打感の良さ”が生まれる。  リーディングエッジは丸みを持たせ、トレーリングエッジは大きくラウンドさせているため、ボールが拾いやすく、あらゆるライでもシャープな抜けを可能にしている。  重心位置や慣性モーメントなど、従来の設計要素に加えて、ショット時のヘッドの音色を数十ヘルツ単位で調整。最適な打球音のバランスを追求している。ミズノはそれを「生きている音」と謳っている。 

ページトップ