SCORE CARDBACK NUMBER

「熾烈な興行合戦」が続く
“異常事態”を打開せよ。
~プロレス界の共存共栄のために~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2011/03/23 06:00

「熾烈な興行合戦」が続く“異常事態”を打開せよ。~プロレス界の共存共栄のために~<Number Web> photograph by Essei Hara

プロレスの聖地・後楽園ホールに詰めかけるファンも、昼夜連続興行は歓迎しないはずだ

 週末の度に興行が重なる。せめて都内の試合日程だけでも、トップ同士による調整の話し合いができないものだろうか。このままの状況が続けば、いずれ共倒れを招く――。

 3月5日の土曜が王者・杉浦貴vs.挑戦者・ジャイアント・バーナードのGHCヘビー級決戦をメーンにしたノア・有明コロシアム。6日の日曜は、全日本の新シリーズ開幕戦が後楽園ホール昼、新日本の旗揚げ記念興行が同じ後楽園ホールの夜。さらに同日午後3時、両国国技館でゼロワン創立10周年記念興行。これにインディー系のユニオンプロレスとDDTが時間をずらして新木場でそれぞれ興行を打つという異常な事態である。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

プロレスの前後のコラム

ページトップ