野球善哉BACK NUMBER

中田翔の激変ぶりをキャンプで検証。
ホームラン・アーチストへ覚醒か? 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2011/02/17 10:30

中田翔の激変ぶりをキャンプで検証。ホームラン・アーチストへ覚醒か?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

プロ3年目となった昨季の成績は、打率.233、22打点、9本塁打だった中田翔。一軍登録は2009年の22試合から65試合へと大幅に増えたが、期待されている活躍にはまだまだ遠い

ダルビッシュの領域まで、いかに近づけるか?

 初の対外試合となった広島との練習試合では、2打席連続本塁打を放つ活躍を見せた中田。試合後のコメントでは「ホームランを打てたことは嬉しいんですけど、ヒットを打てた・打てないは別にして、やろうとしてきたことができない打席があった」と猛省していた。今の中田は、結果だけが重要という価値観を越えているのだ。

 もはや、彼が活躍するしないのレベルで論議するのはナンセンスである。

 これから彼が目指すべきは、今の取り組み姿勢をさらに深めていき、アスリートとしての最終目標をどこまで高くしていけるか、ということなのだろう。

 オフの間に劇的な肉体改造を試み、野球に対してどこまでもストイックな姿勢を貫いている、今や誰もがその名を挙げる日ハムのあの選手のように……。

 そうダルビッシュの領域にまでたどり着けるかどうか。

 今後の中田への関心は、むしろ、そっちにある。

関連記事

BACK 1 2 3
中田翔
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ