Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ABCアナ・ヒロド歩美の仕事術]スポーツ番組と同じマインドで

posted2022/12/02 07:02

 
[ABCアナ・ヒロド歩美の仕事術]スポーツ番組と同じマインドで<Number Web> photograph by Asami Enomoto

1991年10月25日、兵庫県生まれ。'14年早稲田大学国際教養学部卒業後、朝日放送にアナウンサーとして入社。『熱闘甲子園』『芸能人格付けチェック』など多数の番組を担当している

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

目指し続けた舞台に立つ。それは漫才師も甲子園球児も変わらない。これまで多くのスポーツ番組を担当してきたからこそ分かる、M-1中継のリポートの難しさとやりがい、彼女ならではの流儀とは。

 2014年、ABC朝日放送に入局したヒロド歩美アナは、翌年からM-1グランプリの放送に携わってきた。

「M-1は、出場者の方の目の色がいつもとは違います。他のバラエティ番組だったら、本番前は挨拶も交わして和気藹々とした雰囲気になりますが、M-1だけは違う。たとえば、和牛の川西(賢志郎)さんとは普段から仕事でご一緒していましたが、決勝当日は挨拶以上のことはもってのほか、立ち話さえ出来ない雰囲気でした」

 張り詰めた空気。ヒロドアナがM-1と同じ匂いを感じる現場がもうひとつある。夏の甲子園だ。

「私は『熱闘甲子園』も担当していますが、高校球児が子どもの頃から憧れていた甲子園という舞台に立つために、どれだけ努力してきたかを取材させてもらっています。甲子園はその思いが表現される場所だから、胸を打つものがありますよね。M-1の舞台もそう。決勝に臨むみなさんの姿を見ていると、本当に研ぎ澄まされている。ずっとM-1のことを考えてきて、『脳内M-1』が最大化した人たちの戦い。だから私は、両番組とも同じマインドで臨んでいます」

 ヒロドアナは敗者復活戦の司会などを経て、'20年からは決勝戦でスタンバイエリアからステージへと向かう間の実況を担当するようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1888文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ヒロド歩美
ABC朝日放送
インディアンス
ランジャタイ

他競技の前後の記事

ページトップ