Beyond The GameBACK NUMBER

エンゼルス身売りで新オーナーが握る大谷の未来。

posted2022/09/15 07:00

 
エンゼルス身売りで新オーナーが握る大谷の未来。<Number Web> photograph by AFLO

多くのファンに愛されている大谷。その未来はエンゼルスにあるのか、それとも……

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

AFLO

 イチローさんはやっぱりシアトルの英雄である。その英雄の現役時代、心強い味方だったのが任天堂社長で当時のシアトル・マリナーズのオーナーだった故山内溥氏だった。

 山内氏のマリナーズ買収は1992年。経営が悪化し、シアトルからの移転が取り沙汰される中「長い間米国任天堂を置かせてくれたシアトルへの恩返し」として、球団運営会社の株式購入に乗り出した。ところが当時のコミッショナー、フェイ・ヴィンセント氏が日本企業の球団保有に難色を示したため、保有株を全体の49%にとどめ、山内氏は共同オーナーの1人となった。そうしたビジネスを超えた配慮の結果、マリナーズはシアトルに残ることができた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1008文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
シアトル・マリナーズ
任天堂
山内溥
ロサンゼルス・エンゼルス
アルトゥーロ・モレノ
大谷翔平

MLBの前後の記事

ページトップ