野球クロスロードBACK NUMBER

“松井秀喜がいた甲子園”を全試合完投で優勝…30年前、あの“鉄腕”はなぜプロ野球に進まなかったのか? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byBUNGEISHUNJU

posted2022/08/12 06:00

“松井秀喜がいた甲子園”を全試合完投で優勝…30年前、あの“鉄腕”はなぜプロ野球に進まなかったのか?<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

いまから30年前、1992年夏の甲子園は全5試合で完投した「鉄腕」のひとり舞台だった(写真はイメージです)

波乱の甲子園…森尾のひとり舞台だった

 甲子園で次々と波乱が起きる。

 センバツ覇者で夏も優勝候補筆頭に挙げられていた帝京が、初戦で尽誠学園に敗退。対抗馬の星稜も、2回戦でナンバーワンスラッガーの松井秀喜が明徳義塾に5打席連続敬遠を受けたことが響き涙を飲んだ。

 ビッグネームの陥落。「強いチームは負けてくれ」とは内心で呟いていたが、本音では対戦があったとしても分があると信じていた。

「甲子園にさえ出ればどんなチームとも勝負できる、勝てると思っていたんで」

 甲子園で印象深いシーンを聞くと、森尾は「あまりない」と言う。はっきりと覚えているとすれば、マウンドで対峙したバッターだけで、あとは聞かれれば思い出す程度だ。

 森尾はきっと、ゾーンに入っていた。

 福岡大会まで最速135キロ程度だったストレートが、初戦の高岡商戦で142キロと7キロ近くアップした。この試合を2安打完封で弾みをつけると、3回戦の三重戦でも10本のヒットを打たれながらも完封。北陸との準々決勝では9回に大会唯一の失点を許したが、準決勝の東邦戦では100球シャットアウトと、まさに森尾のひとり舞台だった。

 3回戦(22日)から決勝戦(25日)まで4連投。投じた球数は490球。肩やひじは張っていたというが、森尾の球威が衰えることはなかった。「夏は全試合で投げ切る」。そのための歩みが、甲子園で結実したのである。

「4連投は未知の体験だったんで不安はあったんですけど、実際はそうでもなくて。予選を経験できたのが大きかったと思います。『甲子園に行きたい』ってプレッシャーから、体力面も精神面もきつかったので。そこで投げ切れたことで、甲子園ではいい感じに体がほぐれたのかもしれませんね」

 夏を投げ切り、全国制覇する。高校時代は思い描いた結末を実現できた。

高卒後はプロに進まず…2003年に引退

 森尾は自らを俯瞰できる人間だった。未来予想図に乱暴に筆を入れることなく、進むべき道を模索したという。

【次ページ】 「優勝した出来事っていうのは…」

BACK 1 2 3 4 NEXT
森尾和貴
新日本製鐵八幡硬式野球部
西日本短大附属高校
松井秀喜
星稜高校

高校野球の前後の記事

ページトップ