SCORE CARDBACK NUMBER

18歳ホープ・吉井が幕下優勝。大一番で証明した勝負度胸。

posted2022/08/11 07:00

 
18歳ホープ・吉井が幕下優勝。大一番で証明した勝負度胸。<Number Web> photograph by KYODO

名古屋場所で幕下優勝した18歳の吉井(左から2人目)。その他は左から竜電、朝乃山、序の口で優勝した高橋

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 新型コロナウイルスの猛威にさらされた大相撲名古屋場所が幕を閉じた。日を追うごとに感染者が増え、計13部屋で十両以上の関取は(故障休場者を含む)23名、全体で174名と、実に3割近い数の力士たちが土俵に上がれず、取組数は激減。前代未聞の場所となってしまった。

 それでも猛暑のなか、尾張名古屋の土俵は熱かった。2014年の新入幕当時“怪物クン”の異名を取り、かつてはスピード出世で注目されていた前頭2枚目の逸ノ城が、初賜杯を抱いたのだ。前場所では自身がコロナ感染で休場しており、本人曰く「ほかの力士より良く休めていたので、それが今場所に生かせたのかも」。あえて言えば“コロナ運”が逸ノ城に味方したのかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

吉井

相撲の前後の記事

ページトップ