村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『モモ』時間どろぼうが示す病理、あなたは今を大切にしている? 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/07/30 07:00

『モモ』時間どろぼうが示す病理、あなたは今を大切にしている?<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『モモ』ミヒャエル・エンデ著 大島かおり訳 岩波少年文庫 880円

 ドイツ人作家ミヒャエル・エンデ作の『モモ』。時間どろぼうが出てくる話というと、ピンと来る人も多いでしょうね。ファンタジーあふれる物語は子供から大人にまで愛されていると聞きます。

 ざっと説明すると、廃墟の円形劇場に住む主人公の少女モモが訪れる人の悩みを聞くなかで、「灰色の男たち」=時間どろぼうが登場します。時間を貯蓄しなきゃいけないと言葉巧みに騙されて奪われてしまった人々の時間をモモが取り返そうとするという内容です。

 50年くらい前の作品だそうですが、人間が常に時間に追われて大切な現在を取り逃がしている現代社会へのアンチテーゼのように感じます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 623文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ