Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ゴールデンボーイ黄昏の光]ホルヘ・リナレス「あと2戦、まだ頂点へ」

posted2022/06/18 07:01

 
[ゴールデンボーイ黄昏の光]ホルヘ・リナレス「あと2戦、まだ頂点へ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

1985年8月22日、ベネズエラ生まれ。'02年に来日し、同年12月にプロデビュー。'07年に初世界タイトル(WBC世界フェザー級)、'08年に2階級制覇(WBC世界スーパーフェザー級)、'14年に3階級制覇(WBC世界ライト級)達成。直近2戦は連敗。173cm。54戦47勝(29KO)7敗

text by

金子達仁

金子達仁Tatsuhito Kaneko

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

今年2月、ロシアの地でキャリア7敗目を喫した。17歳の時にベネズエラから来日し、今夏で37歳。その去就が注目される中、「また頑張るよ」と現役続行を宣言した。なぜ、戦い続けるのか――。円熟の天才ボクサーは明確なビジョンを持っていた。

“エル・ニーニョ・デ・オロ(黄金の少年)”と呼ばれていた頃、夢は4階級制覇だった。

「言ってたねえ、そんなこと」

 もうすぐ37歳になるかつての“ニーニョ(少年)”は、髭に覆われた精悍な顔を綻ばせた。

「勝ったり負けたりだったけど、そんなに悪いボクシング人生じゃなかったと思うよ。圧倒的に勝ったことも、1ラウンドで無様に負けたこともあった。でも、3階級王者になることはできたし、ある程度、ボクシング界への貢献もできたんじゃないかな」

 '22年夏現在、ホルヘ・ルイス・リナレス・パレンシアの腰に巻かれるベルトはない。この2月には敵地に乗り込みザウル・アブドゥラエフというロシア人ボクサーと戦い、最終ラウンドにTKO負けを喫した。

「久しぶりの試合だったんで、相手との距離感やタイミングに明らかな狂いはあったんだけど、最終ラウンドが始まった段階で、判定に行けば余裕で勝てると思ってたし、いい形で試合を終えようとも思ってた。で、カウンターで最後を締めようと狙ってたら、逆にカウンターをもらってしまった」

 敗北はいつも、彼を打ちのめそうとする。昨年5月、ラスベガスで開催されたWBC世界ライト級タイトルマッチでデビン・ヘイニーに判定負けを喫していたリナレスにとって、これは50戦を超えるキャリアの中で2度目となる連敗だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3714文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ホルヘ・リナレス
オスカー・デラホーヤ
本田明彦
ワシル・ロマチェンコ

ボクシングの前後の記事

ページトップ