NumberEYESBACK NUMBER

3階級制覇に挑戦する、
リナレスが迎えた充実期。
~11・10、ダブル世界戦に登場~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2013/10/31 06:00

3階級制覇に挑戦する、リナレスが迎えた充実期。~11・10、ダブル世界戦に登場~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

8月のサンチェス戦では3度ダウンを奪い、TKO勝利を飾ったリナレス。

 11月10日、両国国技館で「ダブル世界タイトルマッチ」が開催される。帝拳ジムの主力2人が登場し、WBCバンタム級王者・山中慎介は8位のアルベルト・ゲバラ(メキシコ)相手に5度目の防衛戦。ホルヘ・リナレスは、世界3階級制覇を懸けてWBAライト級王者リカルド・アブリル(キューバ)に挑戦する。

 山中とリナレス、そして前座に出場するローマン・ゴンサレスに粟生隆寛と、目の肥えたファンを意識した人選だが、ここではリナレスに注目したい。

 ベネズエラ出身で、ボクサーだった父の指導を受けて6歳からリングに上がると、「ゴールデンボーイ」と期待された。そして帝拳ジムと契約して来日し、見事にKOデビューしたのは17歳のとき。辰吉丈一郎の前座6回戦だった。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

山中慎介
アルベルト・ゲバラ
ホルヘ・リナレス
リカルド・アブリル

ボクシングの前後のコラム

ページトップ