Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[21年来の練習パートナー]藤本博史「僕が見てきた“イチロー野球”」

posted2022/04/14 07:01

 
[21年来の練習パートナー]藤本博史「僕が見てきた“イチロー野球”」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

女子高校野球選抜との試合では、イチローの全147球を受けた

text by

佐藤春佳

佐藤春佳Haruka Sato

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

19年間のMLB生活、現役引退、そして草野球の始動。その道程を共に歩んできた練習相手が、環境を変えても決して揺るがない「イチロー野球」の真髄を語った。

“超人”の練習パートナーをつとめた男は、あの衝撃的な光景を忘れられない。

 それは藤本博史がドラフト14巡目でオリックス・ブルーウェーブ(当時)に指名された2001年オフのこと。神戸にあった旧選手寮「青濤館」の廊下の向こうから、メジャー1年目でMVPを獲得し凱旋していたシアトル・マリナーズのイチローが、自分を目掛けて一目散に突進してきた。

「“何で連絡しないんだ!”って。びっくりしました。だってあのイチローさんですよ! 自分のことを覚えていてくれたなんて思いもしなかったですから」

 その1年ほど前、二人はキャンプ地のアリゾナで顔を合わせていた。社会人野球を経て渡米した藤本は、捕手としてマリナーズのマイナーキャンプに参加した際、トレーニングルームでイチローに挨拶。何度か食事をご馳走になったが、自分とは世界が違うスーパースターに連絡をとることなど考えもしなかった。ところが、イチローはその後も藤本を案じてくれていたのだ。

 再会のその夜からイチローの個人練習に誘われ、以来19年間、神戸での自主トレに加わった。その年ごとにメンバーは変わるが、毎年欠かさず参加したのは一人だけだ。張り詰めた空気のなか、藤本はイチローのフリー打撃で決まって投手役をつとめた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1416文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
藤本博史
オリックス・ブルーウェーブ

MLBの前後の記事

ページトップ