SCORE CARDBACK NUMBER

コミッショナーは交渉のプロも、ロックアウトは長期化必至。

posted2021/12/21 07:00

 
コミッショナーは交渉のプロも、ロックアウトは長期化必至。<Number Web> photograph by Getty Images

コミッショナーのマンフレッド氏(右)は'94~'95年ストライキ時にオーナー側の法律顧問を務めた労使交渉のプロ

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 MLBのオーナー陣と選手会の労使協定が12月1日に失効し、翌2日からロックアウトされた。新協定に関する双方の交渉が決裂したため、オーナー側が強硬手段に踏み切ったもので、1994年途中から翌年まで続いたストライキ以来、26年ぶりに機能が停止され、メジャー40人枠内のトレードやFAなどすべての交渉が凍結される事態となった。

 ロックアウト直後、コミッショナーのロブ・マンフレッド氏は「今日は球界にとって困難な一日となった」と話し、淡々と言葉を続けた。

「私は(交渉が)合意することを楽観視している。(周囲は)全体の関係性の問題を強調し過ぎていると思う。我々は溝を埋めるための方法を探す必要がある」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロブ・マンフレッド

MLBの前後の記事

ページトップ