SCORE CARDBACK NUMBER

昨季終了後に「やることが見えている」。筒香嘉智が克服した日米の差。

posted2021/09/28 07:00

 
昨季終了後に「やることが見えている」。筒香嘉智が克服した日米の差。<Number Web> photograph by KYODO

8月29日のカージナルス戦、ライト場外へ逆転サヨナラ弾を放った筒香はチームメイトから手荒い祝福を受ける

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 覚醒でもなければ、偶然でもない。パイレーツへ移籍した筒香嘉智が、満を持して本来の豪快な打撃を発揮し始めた。8月29日、日本人としてはイチロー以来2人目となる「逆転サヨナラ」の3ラン。9月5日には、パイレーツの選手としてデビュー以来、球団史上最速となる42打数で7本塁打に到達するなど、これまでの鬱憤を晴らすかのように快打を連ねた。

 昨季は、開幕戦で本塁打を放ったものの、その後は低迷。時速95マイル(約153km)超えの速球を苦手とするデータが蓄積され、左腕相手には、ベンチで待機する日々が続いた。それでも、メジャー1年目を終えた際、筒香はハッキリと言った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

筒香嘉智
ピッツバーグ・パイレーツ

MLBの前後の記事

ページトップ