SCORE CARDBACK NUMBER

白鵬のガッツポーズは、「SUMO」なら許されるのか?

posted2021/08/27 07:00

 
白鵬のガッツポーズは、「SUMO」なら許されるのか?<Number Web> photograph by KYODO

名古屋場所千秋楽、照ノ富士との全勝対決を制してこのポーズ。東京五輪で無観客の柔道会場を訪れて物議を醸した

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 先の7月名古屋場所で、6場所連続休場明けながら45回目の優勝を全勝で飾った横綱・白鵬。昨年11月の時点で休場の多さについて横綱審議委員会から「注意」の決議を受けた後、1月の初場所をコロナ感染で休場。3月春場所では負傷して途中休場、膝の手術を受けて5月夏場所は全休した。その動向が注目されたなか、「進退を懸ける」と明言して臨んだ場所だった。

 千秋楽、大関・照ノ富士との全勝対決を制した瞬間の白鵬は、雄叫びを上げて渾身のガッツポーズを見せた。横審のうるさ方の鼻を明かす全勝優勝になるはずが、これまた物議を醸してしまうのが白鵬らしい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 648文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

白鵬

相撲の前後の記事

ページトップ