Number on NumberBACK NUMBER

長距離の世界記録更新 ~陸上競技の中で注目したい理由~

posted2021/07/10 07:00

 
長距離の世界記録更新 ~陸上競技の中で注目したい理由~<Number Web> photograph by Getty Images

シファン・ハッサンはエチオピア生まれの28歳。6月、世界記録更新時には「東京に向けて一生懸命準備してきたことがしっかりと証明できた」と話した

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Getty Images

 陸上競技の女子1万mで、6月になって2人のランナーが世界記録を出した。6月6日にオランダのシファン・ハッサンが29分06秒82を出して、世界記録を5年ぶりに破ったあと、2日後の6月8日、エチオピアのレテセンベト・ギデイが29分01秒03を出した。2016年のリオデジャネイロ五輪で、エチオピアのアルマズ・アヤナが出した記録、29分17秒45を2人が大幅に塗り替えたのだ。

 6月22日の時点で、2人の記録は、世界陸上競技連盟による公認の最中で、正式にはまだ公認となっていないが、いずれにしても、ハッサン、ギデイの2人が、注目のランナーになったことは間違いなさそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1842文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?
シファン・ハッサン
レテセンベト・ギデイ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ