Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

瀬古利彦×谷口浩美「日本マラソン最強の男は誰だ?」~レジェンド放談~

posted2021/07/06 07:00

 
瀬古利彦×谷口浩美「日本マラソン最強の男は誰だ?」~レジェンド放談~<Number Web> photograph by AFLO

(左)モスクワ五輪ボイコットから4年。マラソン5連勝と抜群の安定感で迎えたロス五輪は無念の14位に終わった谷口浩美(右)'87年のボストンマラソンでは、心臓破りの丘で抜け出し2度目の優勝を果たした瀬古利彦

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

AFLO

かつて日本のマラソン界トップがすなわち“世界”だった黄金期があった。尋常ではない練習量を誇った宗兄弟、ズバ抜けた才能に強靭なメンタルを備えた中山竹通、彗星の如く現われモンジュイックの丘に散った森下広一。真のレジェンドふたりが語り合う、ニッポン長距離界の輝かしい記憶。

瀬古 谷口君、久しぶり。あれ? なんだか、また痩せたんじゃない?

谷口 頬、コケちゃいました(笑)。

瀬古 まだ、そのギャグ使ってるのか! でも、面白いからいいよ。

――あの~、対談を始めていただいていいでしょうか。

瀬古 あれ、もう始まってるつもりだったんだけどな。

――まず、日本のマラソンの黄金時代を彩ったおふたりの、初マラソンの思い出を語っていただきたいんです。

瀬古 私の初マラソンは大学1年、1977年2月の京都マラソンです。一浪して早稲田に入って、翌年1月の箱根で2区を走って区間11位でね。浪人時代からのブランクで準備不足は明らかだったんだけど、モスクワ・オリンピックを目指すには最低でも3回はフルマラソンを走っておきたいと逆算して出たんです。「マラソンって、どんなものなんだろう?」と恐る恐る走ってみたら、25kmくらいでランニングハイになってね。ちょうど優勝したビル・ロジャース選手が折り返してきたのが見えて、調子に乗ってペースを上げたんです。

――ロジャースは瀬古さんのライバルで、ボストン、ニューヨークシティでそれぞれ4回優勝している名ランナーですね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5650文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?
瀬古利彦
谷口浩美
宗茂
宗猛
中山竹通
森下広一
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ