SCORE CARDBACK NUMBER

【F1】シーズン最高の勝利を実現したレッドブルの勇気ある選択。

posted2021/07/02 08:00

 
【F1】シーズン最高の勝利を実現したレッドブルの勇気ある選択。<Number Web> photograph by Getty Images

アグレッシブな2ストップ作戦を見事に結実させたフェルスタッペン。ホンダにとっても'91年セナ以来の3連勝

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 市街地コースの2戦の後、南仏のポールリカール・サーキットで第7戦を迎えたF1。王者メルセデスは本来の速さを取り戻し、レッドブル・ホンダとの間で息が詰まるような接戦を繰り広げた。

 トップ2チームの力は互角。戦略が勝負を左右する状況で、勇気ある決断を下したのはレッドブルだった。

 1ストップ作戦が主流のレースにおいて、首位を行くマックス・フェルスタッペンにチームは“守り”の姿勢を求めはしなかった。2度目のタイヤ交換に踏み切り、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢に1-2位の座を明け渡しながら、残り21周で19秒の遅れを取り戻し、首位を奪還できると信じたのだ。その期待に応えるフェルスタッペンはハンターそのもの。53周レースの44周目にボッタスを、52周目にハミルトンをオーバーテイクし、シーズン3勝目を飾った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 550文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

レッドブル・ホンダ
マックス・フェルスタッペン

F1の前後の記事

ページトップ