ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

早藤キャディが明かす松山英樹との二人三脚…「いつ来るか分からないチャンス」を掴むため中学から言われていたこととは? 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byGetyy Imamges

posted2021/05/03 11:03

早藤キャディが明かす松山英樹との二人三脚…「いつ来るか分からないチャンス」を掴むため中学から言われていたこととは?<Number Web> photograph by Getyy Imamges

マスターズ優勝の瞬間、喜びを分かち合う松山英樹と早藤将太キャディ。コンビを組んでから初の優勝を聖地オーガスタで達成した

 後続に一時は6打差をつけたマスターズの最終日。早藤もまた必死だった。

「『勝った』なんて絶対に思っちゃいけない、って自分に1000回くらい言い聞かせました」

 キャディはあくまでサポート役。浮つく気持ちや動揺が選手に伝わることはあってはならない。つとめて笑顔をつくってプレーしていた松山のリズムを軽快にさせるよう力を注いだ。

 愛すべき兄貴に、弟分がずっと教えられてきたことは何だろう。

「松山さんは昔から、『チャンスはいつ来るか分からない。そのチャンスが来たときに、掴めるように準備をしておけ』と言ってくれた」と早藤は振り返る。

「『試合に出られない期間が続いても、急に出番が巡ってくるかもしれない。試合に出られたら優勝できるかもしれない、人生が変わるかもしれない。だから準備が必要だ』って。人生のターニングポイントは人それぞれにあって、松山さんはそれをしっかり掴んできた。掴むための準備をずっとしてきたんだと思います」

 ゴルフは、勝負事は思い通りにいかない。ただ、その現実に腐っていてばかりでは前に進めない。

「その気持ちはマスターズでも続いていたはずです。直前の試合まであれだけ調子が悪くて、ずっと練習をしていた」

 年明けから成績は振るわず、オーガスタ入りの前は試合期間中にもかかわらず、毎日遅くまで、誰よりも長く練習場に居残ったことを思い出す。

「(最終日)上がり4ホールが、ボギー、ボギー、パー、ボギーって、必死なわけじゃないですか。もう技術を越えたところでプレーしていて、来たチャンスを泥臭くでもいいから、とにかく掴む。ずっとそうやってきたプロだから、勝てたと思うんです」

 実は早藤はサンデーバックナインに入った頃、勝者を迎える18番でのスタンディングオベーションを想像して「ちょっと泣きそうになった」という。けれど、フィナーレではピンフラッグを握りながら、満面の笑みで兄貴と抱き合った。

 グリーンジャケット姿で臨んだ記者会見で、松山は勝った瞬間の気持ちを問われて言った。

「なんて表現すればいいのかな……。ザンダー(同組のシャウフェレ)とハグをして…、将太と勝ったのは初めてだったので、やっと優勝することができたと思いました」

 来たチャンスを掴んだ。ふたりの手で。その喜びは言い尽くせない。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

松山英樹 栄光のマスターズ制覇

Sports Graphic Number 2021/5/14特別増刊

松山英樹 栄光のマスターズ制覇

 

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3 4
松山英樹
早藤将太

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ