Beyond The GameBACK NUMBER

ちょうどよい熱の伝え方。~松山英樹のマスターズ制覇に聞いた「無音に近い嗚咽」~

posted2021/05/10 07:00

 
ちょうどよい熱の伝え方。~松山英樹のマスターズ制覇に聞いた「無音に近い嗚咽」~<Number Web> photograph by KYODO

日本を沸かせた松山英樹の偉業。ナンバーも特別増刊号を緊急出版した

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 フォルティッシモからピアニッシモへ。スポーツライター出身の作家、ポール・ギャリコがゴルフをそう書いている。著書の『ゴールデン・ピープル』(王国社)に見つけた。

 音楽にたとえて「非常に強く」から「非常に弱く」へ。実に的確な表現である。しかも、しゃれている。遠くへ球を飛ばすことで各ホールは始まり、ちっぽけな穴にコトリと消えて終わる。

 2021年4月、現地時間の11日、米国ジョージア州オーガスタ発の快挙、耳を澄ませたピアニッシモの先に嗚咽の重奏があった。

 松山英樹、マスターズ制覇。なるほど人間とは大事を成した直後にはこんな表情になるのか。簡単な形容を許さぬ風情をTBS系列の放送に眺める。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 963文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ