Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~

posted2021/04/02 07:00

 
古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~<Number Web> photograph by Takao Yamada

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takao Yamada

 古賀稔彦こそは、戦後の日本柔道が生んだ「傑作」だった。

 教科書から飛び出してきたような鮮やかな背負い投げは、日本が理想としてきた美しい柔道が現存することを世界に示した。

 オリンピックでは金メダルと銀メダルをひとつずつ、世界選手権では1989年、'91年、'95年と3度の優勝を飾った。

「古賀名勝負」の双璧を挙げるとするなら、'90年の全日本選手権と、'92年のバルセロナ・オリンピックのふたつだろうか。

 '90年の全日本ほど興奮した全日本はなく、柔道の醍醐味が凝縮された珠玉の大会となった。なにせ、体重75kgの古賀が100kg以上の相手に敢然と立ち向かい、投げ技を繰り出す。100kgが浮くのだ。

 準々決勝では渡辺浩稔と対戦、古賀の75kgに対し、渡辺は155kg。実に倍以上の体重差があったが、渡辺の方が警戒を露わにするのに対し、古賀は背筋を伸ばし、堂々と攻め、判定で勝ってしまった。

 そして決勝の相手は世界王者、小川直也。同学年同士の対戦となった。小川の怪力の前に組み手で終始劣勢となった古賀は、最後は足車で一本に仕留められたものの、日本武道館は万雷の拍手に包まれた(この試合を見ると、小川が稀代の柔道家だったことがうかがえる。力だけでなく、最後の足車の巧みさには驚嘆してしまう)。

 古来、「柔よく剛を制す」の諺は存在するが、体重別がスタンダードとなった柔道界で、それは絵に描いた餅だった。が、古賀は小兵が巨漢に立ち向かい、勝つ術を天下に示した。以後、講道学舎の後輩である吉田秀彦、大野将平といった金メダリストが体重無差別の全日本に挑んだのは、古賀の挑戦を受け継いでいるからに他ならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 796文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

関連記事

古賀稔彦
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ