Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~

posted2021/04/02 07:00

 
古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~<Number Web> photograph by Takao Yamada

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Takao Yamada

 古賀稔彦こそは、戦後の日本柔道が生んだ「傑作」だった。

 教科書から飛び出してきたような鮮やかな背負い投げは、日本が理想としてきた美しい柔道が現存することを世界に示した。

 オリンピックでは金メダルと銀メダルをひとつずつ、世界選手権では1989年、'91年、'95年と3度の優勝を飾った。

「古賀名勝負」の双璧を挙げるとするなら、'90年の全日本選手権と、'92年のバルセロナ・オリンピックのふたつだろうか。

 '90年の全日本ほど興奮した全日本はなく、柔道の醍醐味が凝縮された珠玉の大会となった。なにせ、体重75kgの古賀が100kg以上の相手に敢然と立ち向かい、投げ技を繰り出す。100kgが浮くのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1191文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

古賀稔彦
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ