Number ExBACK NUMBER

トップボートレーサー・守屋美穂32歳が明かす“絶頂期に産休を取るという選択”「正直言って悩みました」

posted2021/03/13 11:02

 
トップボートレーサー・守屋美穂32歳が明かす“絶頂期に産休を取るという選択”「正直言って悩みました」<Number Web> photograph by BOATRACE振興会

トップボードレーサーとして活躍しながら一児の母でもある守屋美穂選手

text by

長田昭二

長田昭二Shoji Osada

PROFILE

photograph by

BOATRACE振興会

 ボートレース界を代表するレーサー・守屋美穂は、「養成所時代は落ちこぼれだった」と振り返る。しかし、「頑張れば結果が付いてくる」「頑張らなければ評価されない」「この世界は頑張るしかない」と自分を奮い立たせ、努力に努力を重ねていまの地位を築き上げた苦労人だ。

 デビューから14年、紛うかたなき看板レーサーとしての役割を果たし続ける守屋は、この厳しい世界をどう戦ってきたのか? トップ女子レーサーの活躍の秘密に迫る(全3回の2回目/#1#3に続く)

ウェイトリフティングで全国大会優勝も

 約1時間のインタビューの中で、守屋は「頑張る」という言葉を何度も繰り返した。彼女が口にする「頑張る」という表現は、一般に使われるそれとは明らかに重みが違う。

 そもそも、なぜボートレーサーを目指したのか?

「小学生の頃は、盲導犬の訓練士さんに憧れていたんです。でも私にとっては現実的ではなかったのかな……。職業としてボートレーサーになろうと考えたのは中学生の頃。父の勧めでした。

 子どもの頃にレース場に連れて行ってもらったことがあって、その時の印象は、(舟券の)発売時間はすごく長いのに、レースはあっという間に終わっちゃう、というもの。でも同時に、ボートレーサーってカッコいいなって、どこかで思ったんですね」

 高校に入る頃には、職業としてのボートレーサーを意識していた。部活動で始めたウェイトリフティングでは、全国大会の優勝経験を持つ。

「重量挙げを始めたのもボートレーサーになるためです。中学まで本格的なスポーツの経験もないし、走るのも苦手。それに屋外の競技だと日に焼けちゃう(笑)。重量挙げならちょうどいい筋トレになるだろう……と。

 いま思うとウェイトリフティングを選んでよかったと思います。瞬発力がついて、下半身が強化できて、全身の使い方が上手くなる。それに精神的にも鍛えられました」

 高校を卒業した守屋は、ボートレーサーへの一歩を踏み出すべく、養成所の門を叩いた。

「養成所では、あまりいい思い出はないですね(笑)」

 入所資格は15歳から30歳までの男女。学歴や職歴は不問で、全寮制だ。入学試験は年2回。その競争率は平均20倍と狭き門だが、入学後は学費も寮費も食費もかからない。ただし、1年間にわたる訓練と生活は厳しく、そこに男女の別はない。朝6時の起床から夜10時の消灯まで、分刻みの日課を確実にこなし、ボートレーサーに必要な最低限の知識と技術を叩き込まれる。

【次ページ】 「強い選手はたとえ失敗しても同じ失敗は繰り返さない」

1 2 3 4 NEXT
守屋美穂

モータースポーツの前後の記事

ページトップ