SCORE CARDBACK NUMBER

神の領域に達した飯伏幸太は紳士的SANADAをどう迎え撃つ?~新日本プロレスのリベンジマッチ~

posted2021/02/08 07:00

 
神の領域に達した飯伏幸太は紳士的SANADAをどう迎え撃つ?~新日本プロレスのリベンジマッチ~<Number Web> photograph by Getty Images

飯伏はSANADAとの防衛戦へ「シングルで何度も戦っているので、何も言うことはない。楽しみ。早く戦いたい」

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 令和3年の闘い初めで、飯伏幸太が2冠を奪取した。

 新日本プロレス新春恒例の東京ドーム大会『レッスル・キングダム15』が、1月4日、5日の2連戦で行われた。初日の王者・内藤哲也と挑戦者・飯伏によるIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルのダブルタイトル戦は、昨年のG1覇者である飯伏が31分18秒、必殺技のカミゴェ(ヒザ蹴り)を決めて内藤を倒し、初の2冠王者となった。

 そして2日目は、新王者・飯伏が、昨年11月に挑戦権利証を奪われた因縁の相手ジェイ・ホワイトの挑戦を受ける初防衛戦。飯伏は反則戦法のずるいホワイトを48分5秒、十八番のカミゴェでKO。2冠の初防衛に成功した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 584文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

関連記事

新日本プロレス
飯伏幸太
SANADA

プロレスの前後の記事

ページトップ