ゴルフPRESSBACK NUMBER

「強い松山英樹」は戻ってくるか 国民的人気のナイスガイ復活や巨大化したデシャンボーの飛距離は?

posted2021/01/07 06:00

 
「強い松山英樹」は戻ってくるか 国民的人気のナイスガイ復活や巨大化したデシャンボーの飛距離は?<Number Web> photograph by Getty Images

松山が最後に米ツアーを制したのは2017年夏。今季は専任コーチとともに新たな挑戦の1年となる

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2021年のゴルフ界は、果たして、どんな展開になるのだろうか。

 新年早々、米メディアが発信した予想に面白いものがいくつか見受けられた。たとえば「マスターズでダスティン・ジョンソンは連覇を成し遂げることができるか?」と問われた3人の米国人記者が3人とも「ノー」と、きっぱり答えていた。

 そのうちの2人は、ジョンソンが勝利した昨年大会が異例の11月開催だったのに対し、今年は従来通りの4月開催に戻るため、オーガスタ・ナショナルのコース・コンディションが異なるものになることを指摘していた。

 そう、今年のオーガスタ・ナショナルは従来の春らしい難度の高さを誇るであろうし、その舞台では、パワーのみならず、より一層の正確性を求められる。そして、より一層、予測しがたいものとなり、不可思議なことも起こり、ドラマも起こる。

 そうなったとき、前年覇者だからと言って、ジョンソンが再び勝てるかと考えると、「ノー」なのだと彼らは答えていた。なるほど、ロジカルな意見だと私も思わず頷かされた。

「ノー」と答えたもう1人の記者は、プレッシャーの重さ、メンタル面に着目し、「続けざまにグリーンジャケットを羽織ることなど可能とは思えない」。これは少々感覚的な意見だが、それはそれで「そうだよね」と頷きたくなる。

ファウラーは32歳、世界1位だったスピースは……

 感覚的な意見と言えば、米メディアが発信した今年の展望の記事の中には、こんな記述もあった。

「今年はリッキー・ファウラーがリッキー・ファウラーらしく、ジョーダン・スピースがジョーダン・スピースらしく戻ってほしい」

 米国の国民的人気を誇る米ツアー5勝のファウラーは「メジャー優勝なきグッドプレーヤー」と言われてきたが、昨年は1勝も挙げられず、トップ10入りは、わずか2回にとどまった。32歳と年齢的には成熟期を迎えているが、世界ランキング(※以下、すべて2021年1月3日付)は56位まで後退してしまっている。

 メジャー3勝、米ツアー通算11勝の27歳、ジョーダン・スピースの不調はさらに深刻で、かつては世界ナンバー1だった彼が、今では84位まで陥落している。

 しかし、ファウラーもスピースも超がつくほどのナイスガイであり、かつては元気や勇気が伝わってくるような快活なゴルフを見せてくれていただけに、彼らの復活を望む声は理屈抜きで方々から聞こえてくる。

【次ページ】 トップランクに留まる松山英樹

1 2 3 4 NEXT
松山英樹
ダスティン・ジョンソン
リッキー・ファウラー
ジョーダン・スピース
ブライソン・デシャンボー
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ