Beyond The GameBACK NUMBER

温かくて冷たくて温かい。木内幸男はだから勝った。~高校野球、“勝ち”にこだわる名監督~

posted2020/12/13 08:00

 
温かくて冷たくて温かい。木内幸男はだから勝った。~高校野球、“勝ち”にこだわる名監督~<Number Web> photograph by KYODO

肺がんのため逝去した木内氏。多くの教え子が師の死を惜しんだ

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 1987年のはずである。もしかしたら翌年。何月かは忘れた。車窓の外は暗かった。

 荒川沖駅からの常磐線車中だ。その人は横並びの席の真ん中あたりに腰かけた。常総学院高校野球部監督、木内幸男。こちらはスポーツ新聞の駆け出し記者だった。練習の取材を終えると「のびのび野球」の名将につきまとって同乗した。前のつり革につかまり、つぶやく言葉に耳を傾けた。

「高校は義務教育でないから」

 北関東の憎めぬ抑揚でガハハハと笑う印象とは違った。そっけない口調。「だから野球の上手でない部員に試合の機会がないのはしかたない」。そんな文脈だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1039文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急追悼特集>さらば、マラドーナ。神に最も愛された男

関連記事

木内幸男
常総学院高校

高校野球の前後の記事

ページトップ