Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

ダルビッシュ有「僕が変えたこと、変えなかったこと」~独占ロングインタビュー~

posted2020/11/05 07:00

 
ダルビッシュ有「僕が変えたこと、変えなかったこと」~独占ロングインタビュー~<Number Web> photograph by Getty Images

上昇機運に乗り、8回1失点と好投した昨年8月27日のメッツ戦。今季はこうした試合が断然増えた

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

躍進のシーズン後、ダラスの自宅でPC越しに語られた言葉。それは進境著しい投球術以上の“深化”を物語っていた。肘の手術、不死鳥の印、家族のために、発信すること……。見事、復活を遂げた男が、充実の心技体を語り尽くした。

 シーズンが終わっても、ダルビッシュ有は長髪のままだった。

 3月中旬、新型コロナウイルスの影響でキャンプが中断され、7月下旬に開幕した公式戦60試合の変則シーズン。日本人初となる最多勝のタイトルを獲得し、サイ・ヤング賞の有力候補に挙げられるほど、強烈なインパクトを残したシーズンだった。

 だが、まだ投げ足りない。頭の中から投球のことが離れることはなく、思い付くたびにボールを握る。周囲が何と言おうと、現在もコロナ感染のリスクは残っており、今のところ、散髪するつもりもない。そこに神経を使う必要性すら感じていない。そんな正直な生き方を、ダルビッシュは貫いてきた。

 34歳になっても、なお前に進み続けるダルビッシュは、これまで何を考え、追求し、いかにして自らを磨いてきたのだろうか。

 そして、どこへ向かうのか。

 自宅のあるテキサス州ダラスに戻ったダルビッシュが、パソコンの画面越しに、胸の内を素直に明かした。

――例年三十数試合投げるところが、今季はポストシーズンを含めて登板は13試合。終了後、体力的にどんな感じですか。

「普段はもうちょっと体が疲れている感じもしますし、シーズン終盤って痛いところが結構出てきて、それが慢性的になってくるので、シーズン終わったら結構ボロボロな部分があるけど、今年はあんまりそんな感じはなかったです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 10491文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダルビッシュ進化論

Sports Graphic Number 1014

ダルビッシュ進化論

 

ダルビッシュ有
シカゴ・カブス

MLBの前後の記事

ページトップ