ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(1)>
北島康介「最後の死にっぷりがはっきり分かった」

posted2020/09/02 18:00

 
<現役最終戦に秘めた思い(1)>北島康介「最後の死にっぷりがはっきり分かった」<Number Web> photograph by AFLO

他の選手が引き上げる中、北島はプールに一礼するまでの15秒間、息を切らしながらプールサイドに腰掛けた。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

AFLO

アスリートが現役生活に区切りを付けた、語られざる“決戦”。本連載では、最後の一戦を本人の回想とともに振り返っていく。第1回は北島康介。時計の針をリオ五輪の前に戻してみよう。

2016.4.8
日本選手権 200m平泳ぎ決勝
成績:5位 2分9秒96

   ◇

 東京湾に臨む辰巳国際水泳場のプールには異様な緊迫感が漂っていた。

 リオデジャネイロ五輪の選考会である日本選手権は5日目、最終競技を迎える。午後8時をまわっても誰も席を立とうとしない。人々が待っていたのは男子200m平泳ぎ決勝。北島康介にとっての五輪出場をかけたラストチャンスだった。

『第3レーン、北島康介、日本コカ・コーラ――』

 場内アナウンスとともに北島がプールサイドの入場口から姿を見せた。スタンドからは歓声とざわめき。

《おそらく、あの会場にいる誰もがオリンピックに行くのは厳しいと思っていたはず。でも僕は、それを覆すレースをしなければならないと考えていた》

 リオへの切符をつかむには2つの条件を満たさなければならなかった。(1)2位までに入ること。(2)派遣標準記録である2分9秒54を切ること。

 かつての北島であれば、難しい条件ではなかった。ただ33歳になった今は違う。準決勝のタイムは2分10秒台。むしろ劣勢から逆転を狙うという状況だった。

 アテネ、北京で金メダル。4大会連続出場。オリンピックの申し子ともいうべき国民的英雄がついに泳ぐべき舞台を失うかもしれない。もし、そうなれば……。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3995文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<メジャー挑戦25周年 完全保存版>こんな夜に野茂英雄が読みたい。
北島康介
平井伯昌
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ